企業理念 @ コペルニソン

設立趣旨


コペルニソンの設立にあたって明文化されたそのDNAと言うべき設立趣旨は、「時代の要請」「企業の目的」「当社の設立趣意」の3部からなります。

時代の要請



ICT(情報通信技術)の急速な発達によって、今や、時間的にも空間的にも隔たりを感じることのない情報伝達が可能となりました。
それに伴い、ローカルとグローバルの境界が薄れ、「ローカルなグローバル」あるいは「グローバルなローカル」という複雑多様な状況へのシームレスな対応が、今まさに企業に対する時代の要請となっています。

また、国際的に、技術で勝りながらビジネスで負けていると評される日本国内企業にとって、いわゆる知的財産をより戦略的に活用することが、今後の国際競争力を高める不可欠要素として重要視されています。



企業の目的



他方、営利組織である企業は、当然ながら、利益を生み出さなければその存在目的を果たすことはできません。
しかし同時に、企業は社会の公器でもありますから、その利益は一貫して、公正でなければならず、また、自社のみのために生み出されるものであってはなりません。

すなわち企業は、事業を行う地域の社会規範に従い、顧客や出資者、従業員等のすべての利害関係者のために、そして、事業を通じてかかわり合う社会をよりいっそう経済的に豊かにするために利益を生み出すことを、その経営の大原則としなければなりません。



当社の設立趣意



かかる時代の要請および企業の存在目的のもとで、企業はこれから何をなすべきでしょうか。

ローカルなグローバルあるいはグローバルなローカルという複雑多様化が加速するなかで、知的財産、とりわけ知的無形資産にフォーカスして、顧客がまだ認識していない不都合や課題をいち早く発見し解決すること。また、それによって顧客の利便性を高めて社会の経済的豊かさを継続的に生み出すこと。

それが喫緊の使命であると考え、変化や困難を厭わず果敢に率先すべく、ここに「コペルニソン」の設立を決意しました。



2015年10月2日
コペルニソン合同会社 創立者
山田 芳之

ミッション


ミッションは、当社のDNAである設立趣旨を受けて、当社が進むべき方向性を示します。

当社の社会的使命



当社は、ICT(情報通信技術)を利用した知的無形資産の市場価値化を通じて、知的生活のさらなる向上および社会貢献活動の促進をもたらします。

ポリシー | 採用情報

コペルニソンはコペルニソン合同会社の登録商標です。